TUGIとHAGI

20代〜30代前半でITエンジニアになりたい人向けの情報ブログ

働き方・転職

未経験からITエンジニアに転職しようと思った3つの理由

投稿日:2017/06/06 更新日:

Change-Jobの画像

業界未経験からだとしても、プログラミング未経験からだとしても、20代後半からだとしても、ITエンジニアに転職することはできます。

ただ、「ITエンジニアの需要が高まっているから」、「今の仕事が嫌だから」という理由だけだと、続けていくのがツラいと思います。なぜなら、覚えるべきことが沢山あるし、技術力を維持・向上させていくための勉強(遊び)を日頃からやる必要があるからです。

でも、ものづくりや試行錯誤が好きな人にはオススメな職種であることは間違いないです。

今回は、20代後半で未経験からITエンジニアに転職しようと思った3つの理由について書いていきます。ITエンジニアになろうか考えている方は、参考にしてみてください。

 

 

未経験からITエンジニアに転職しようと思った3つの理由

私がITエンジニアに転職しようと思った理由は、以下の3つでした。

① ものづくりに対しての興味関心があったから
② ITエンジニアの需要が益々高まっていくと知ったから
③ プログラミングを実際に学んでみて、仕事としてやっていきたいと感じたから

【性格】ものづくりに対しての興味関心があったから

私は、何かを計画したり、編集したり、作ったりするのが元々好きで、子供の頃から大人になっても何かを作ったり育てたりしています。

幼少期では、ガン消しゴムを使って軍隊やサッカーチームを編成して何度も遊んだり、高校ではネイチャーアクアリウムにハマり、水槽内の構図を考えるのに1日中考えたり。友人の結婚式二次会の司会では、盛り上がる演出を計画表に基づいて考えて実践してみたり。

仕事面でも、印刷業界の頃は本を作ることに、教育業界の頃は人を育てることに関わっていました。

自分が作ったものやアイディアによって誰かの仕事や生活に良い影響を与えられる、社会に関われるのが好きでした。その過程も面白いし。

ITエンジニアは、こういった自身の興味関心・性格に合っているんじゃないかと思い、職業として考えるようになりました。

【時代性】ITエンジニアの需要が益々高まっていくと知ったから

以前からFeedlyを使ってIT・Web関連の情報をチェックしていたのですが、そこでITエンジニアの需要については、なんとなく把握していました。

IT・Web業界の規模は、今後さらに大きくなっていくことは明白。それに伴い、ITエンジニアの需要も益々高まっていく。しかし、エンジニアの人数は圧倒的に不足してくる。「これは狙い目だな!」と思いました。

データとしても出ています。

IT人材の需要データの画像

出典:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果について - 経済産業省

実際、私のような20代後半で業界未経験の身でも、プログラミングスクールで制作物を作れたおかげで、結構すんなりITエンジニアへの転職ができたので、この読みは正解でした。

今後もITに関する分野の拡大は確実なので、なるべく早めにこの分野に入っておいて技術力や経験値、コミュニケーションを積み重ねていけば、食いっぱぐれは無いと考えています。

【実感】プログラミングを実際に学んでみて、仕事としてやっていきたいと感じたから

大学卒業してから2つの業界に関わってきて、次はまた違う業界。しかも技術職。

行きたいという気持ちはあったのですが、「20代後半でプログラミング未経験者が、興味本位と時代性だけで入って、辞めたいな〜って思ったらちょっとヤバいな」と、少し不安も感じていました。

そのため、自身の気持ちの本気度を確認するという意味でも、私はプログラミングスクールに通うことにしました。

2つのプログラミングスクールでプログラミング(フロント系、バックエンド系)を学んでいる過程で、コードを1行書くだけで画面に文字が表示されたり、条件を記述したり情報を紐付けたりすることでデータベースのデータを表示できるようにしたり、お気に入り機能を使えるようにしたり、といったプログラミングの世界にとても驚いたのを覚えています。

元々PC操作能力が低かったにも関わらず、プログラミングを学ぶ目的でMacBookAirを買い(前から欲しい気持ちはあった)、尚且つプログラミングやWebに関しては知らないことばかり・・・

知らないのはしょうがないんですが、悔しかったですね。ほんと。

でも逆にそれが、もっと知りたい、身に付けたいといった気持ちの原動力となり、仕事を通して成果を上げたいと思うようになり、ITエンジニアに転職しようと本気で決心するに至りました。

 

おわりに:自分なりに納得できる転職理由を見つけよう

今回の3つの理由は、一つの例に過ぎません。

私の場合は、仕事を辞めてプログラミングをやりながら納得できる理由を考えていました。

もちろん、仕事を続けながらでも、プログラミングを学びながらでも、家の掃除をしながらでも、自分なりに納得できる転職理由を考える機会はいつでもいいと思います。

納得できる理由ができたとき、それが転職するタイミングです。月並みですが、人生一度きりなので、後悔のない選択を。

 

よく読まれている記事

8stepの画像 1

キーボードは、PCを使って仕事をする人にとっての必須アイテム。 野球で言えばグローブ、TVゲームで言 ...

制作サイトのトップページ画像 2

プログラミングスクール選び、悩みますよね? ここ数年でスクールがどんどん増えてきて、プログラミング初 ...

Futureの画像 3

「ITエンジニアになりたいな〜」という気持ちが少し出てきたとき、「でも、IT業界の将来性って実際どう ...

Why Could?の画像 4

20代後半、業界未経験、プログラミングほぼやったことない・・・ 今は、そんな人でもITエンジニアにな ...

TOP5の画像 5

今から約1年前、「20代後半の業界未経験者を転職エージェントって相手にしてくれるのかな〜」と思ってい ...

-働き方・転職

Copyright© TUGIとHAGI , 2017 All Rights Reserved.