TUGIとHAGI

20代〜30代前半でITエンジニアになりたい人向けの情報ブログ

プログラミング・学習

プログラミング教室選びで絶対に失敗しないためのメソッド【大人編】

投稿日:

Classroom Selectionの画像

どういった基準でプログラミングスクールを選ぼうとしていますか?

最も大切なのは、「目的」を明確に決めることです。

今や数十も存在しているプログラミングスクール。それに伴い、いくつかのスクールを比較する記事も沢山見るようになりました。

この影響で、比較検討が楽になった一方、とりあえず人気のありそうなスクールを紹介して特徴や料金などを比較する、未経験者を不幸にしかねない記事も結構見られます。あと、自社スクールをアピールするための比較記事。

現状のスクールは、サポート体制や講師の質など内容に結構な差があります。イマイチなスクールを選んでしまったら、お金も時間も勿体無いです。(※ 選択の失敗を経験済み)

今回は、スクール選びで失敗したくない人を対象に、プログラミングスクールの選び方について順を追って書いていきます。

今回紹介する手順をおこなっていれば、スクール選びで失敗する確率がガクッと下がるはずです。

 

 

スクールで学ぶ目的は、何ですか?

何かを決める際にはノリとタイミングなども大切ですが、スクール選びに関しては、「目的」を明確に決めることが重要です。

スクールで学ぶ目的は、大きく分けて2つだと思います。

それは、

・自分の生活や仕事をちょっと豊かにするためなどの副業系
・ITエンジニアになるためなどの本業系

です。

各タイプを細分化して考えてみると、大体の人は、以下の中に適した目的があるかと思います。書き出してみてください。

ちなみに私は、②〜⑥あたりを目的としてスクールを決めました。

自分の生活や仕事をちょっと豊かにするためなどの副業系

① 副業をしたい
② エンジニアの仕事内容を理解したい
③ プログラミングを体験したい
④ アプリやホームページを作ってみたい
⑤ 自分がエンジニアに適正あるか検討したい

 

ITエンジニアになるためなどの本業系

⑥ ITエンジニア・Webデザイナーへ就職したい
⑦ 異なる言語を学んで転職したい
⑧ フリーランスになりたい

 

目的決めの後は、学習期間を決めると楽

目的が決まったら、次に目的を達成するための学習期間をだいたいでいいので決めておきます。

期限が無いとダラダラとやってしまったりするので。

自分の生活や仕事をちょっと豊かにするためなどの副業系の人は、1ヶ月(短期コース)。ITエンジニアになるためなどの本業系の人は、3〜6ヶ月(中期コース)が目安です。

また、とりあえず1ヶ月やってみて、「本業としてやっていきたいな〜」と思ったら、3〜6ヶ月の中期コースへバージョンアップするのもアリです。受講した1ヶ月分を割引してくれるスクールもあります。

 

その他の比較項目について

目的と学習期間を決めておけば、ある程度スクールを絞ることができます。しかし、まだ不十分。

ホームページや説明会、無料体験で以下に挙げる項目を確認してみてください。

この工程を経れば、スクール選びで失敗する確率がガクッと下がり、納得のいく形で学習が進められると思います。

押さえておきたい比較項目リスト(9コ)

スクールが掲げる一番の特徴は?

受講方法は?

スクールは、オンライン完結型か、オンライン&オフライン型が中心です。

学べる内容(言語、技術、思考など)は?

未経験の方なら、言語はRubyやPHP、もしくはJavaがおすすめ。

また、特に本業系を目指す人は、

・現場で求められる技術を元にカリキュラムが体系的に設定されているか
・オリジナルの制作物を作れるようになるか

あたりは重要なポイントになってきます。

教材は?

教材は、スクールによって動画中心であったり、テキストと画像がバランスいい感じであったり、色々。自分に合いそうなのを選んでください。

教材閲覧期間が期間限定なのか、半永久的に閲覧可能なのか、も確認すべき事項です。

講師は?

現役エンジニアが講師と謳っていながら、自分のスクールを卒業した人やインターン生が講師の場合もあるので、注意が必要です。特に1ヶ月間の短期コースの方で。

もちろん、経験年数=技術力や指導力、ではありませんが、本業系の目的を持っている人は、中期コースをおすすめします。

質問の回答スピードは?

コミュニティは?

講義が行われているときや生徒がいるときに説明会へ行けば、受講生の様子を確認できます。(オフライン環境がある場合)

また、スクールによっては卒業生のコミュニティがあったりするので、そういったコミュニティがあるか聞いてみると、面白いかもです。卒業しても受講生同士やスクールとコミュニティがあったりするのは、そのスクールの質の良さを表しているんじゃないでしょうか。

単なる損得勘定では、コミュニティは作られないと思いますので。

転職サポートは?

最近は就職・転職サポート付きのプログラミングスクールは多いですが、運営実績に関してはピンキリだと思います。

こうしたサポートを考えている方は、実績や自分がしっかりと勉強したらどの程度の就職先があるかなど、詳しく聞いておきましょう。

尚、就職・転職に関しては、IT特化型の転職支援サービスも検討しておくと視野が広がり、失敗のリスクが減ります。

料金は?

1ヶ月(短期コース)なら、10〜15万が相場。3〜6ヶ月(中期コース)なら、25〜50万が相場(場合によってはキャッシュバック、無料のところもある)です。

単純に料金が安い高いというより、目的が達成できるか、払った受講料を回収できるかどうかなどを考える方がいいと思います。

 

目的と期間が絞れたら、興味あるとこに試しで行くのが吉

目的や期間を決めると、自分に適したプログラミングスクール像がなんとなく浮かんでくると思います。

このことを中心に、比較項目を確認していき、いくつかのスクールへ実際に行って雰囲気や気になる点を確認してみてください。4社くらいは見学・無料体験してみると、条件やフィーリングに合うところを見つけられるでしょう。

今後おすすめスクールをまとめた記事も書いていきますので、乞うご期待!

 

 関連記事 

未経験からITエンジニアになる5つの勉強方法【完全保存版】

これからプログラミングを始める人におすすめな5つの言語

 

よく読まれている記事

8stepの画像 1

キーボードは、PCを使って仕事をする人にとっての必須アイテム。 野球で言えばグローブ、TVゲームで言 ...

制作サイトのトップページ画像 2

プログラミングスクール選び、悩みますよね? ここ数年でスクールがどんどん増えてきて、プログラミング初 ...

Futureの画像 3

「ITエンジニアになろうかな〜」という気持ちが少し出てきたとき、「でも、IT業界の将来性って実際どう ...

Why Could?の画像 4

20代後半、業界未経験、プログラミングほぼやったことない・・・ 今は、そんな人でもITエンジニアにな ...

TOP5の画像 5

今から約1年前、「20代後半の業界未経験者を転職エージェントって相手にしてくれるのかな〜」と思ってい ...

-プログラミング・学習

Copyright© TUGIとHAGI , 2017 All Rights Reserved.