IT業界・職種

プログラマーという職種や性格について思うこと。

更新日:

Programmingの画像

プログラミング学習を始めた頃、”プログラマー”という職種があることは知っていましたが、

・どんな仕事をしているのか
・どういう性格を持つ人なのか

いまいち分かっていませんでした。

今回の記事では、プログラマーという職種や性格、プログラマー的な思考(プログラミング的思考と同義)などについて、今後の市場動向予想も含め、思うことを書いていきます。

 

 

プログラマーとは

私自身は、”プログラマー”をこのように定義しています。

物事を自動化・最適化して課題を解決したり、何かを創造する人

抽象度高めの、シンプルな設計です。

 

プログラマーの性格「三大美徳」

プログラマーには、3つの美徳があるとされています。

それがこれ。

・怠惰(Laziness)
・短気(Impatience)
・傲慢(Hubris)

単語だけ並べると、一般的な”美徳”とは対極にあるような印象を受けますが、本質は違います。

プログラミング言語Perlの開発者であるラリー・ウォールが唱え始めた素晴らしい呪文であり、「プリンシプルオブプログラミング」では、この3つを以下のように定義しています。

怠慢(≒ 怠惰)

・全体の労力を減らすために、手間を惜しまない気質
・楽できるためのコードを書く

※ 私の中では怠惰の方がしっくりきているし、よく使われている表現なので、怠慢ではなく怠惰と捉えています

短気

・コンピュータがさぼっている時に、怒りを感じる気質
・問題を想定したコードを書く

傲慢

・神罰が下るほどの、過剰な自尊心を持つ気質
・恥ずかしくないコードを書く

また、「小飼弾の仕組み進化論」では、これらの美徳について、

これらの美徳をひとつでも欠く人は、プログラマーを今すぐ辞めて転職を考えるべきと言ってもいいほど

と書かれています。

私の場合、下記3つの「気◯」+「◯◯化」や、プログラミングの原則と合わせて、日々の生活に落とし込んでいます。(まだまだまだまだまだまだですが)

気合 + 納得化 ≒ 傲慢 ≒ PIE(意図を表現してつくれ。)
気軽 + 最適化 ≒ 短気 ≒ KISS(シンプルにしておけ。)
気楽 + 自動化 ≒ 怠惰 ≒ DRY(繰り返すな。)

Spirit + Co-Creation ≒ Hubris ≒ PIE(Program Intently and Expressively.)
Light + Optimisation ≒ Impatience ≒ KISS(Keep It Simple, Stupid.)
Easy + Automation ≒ Laziness ≒ DRY(Don't Repeat Yourself.)

怠惰で、短気で、傲慢だからこそ、物事を自動化・最適化して課題を解決したり、何かを創造することができるのではないでしょうか。

三大美徳は、人間なら誰しも潜在的にある性質だと思うので、興味のある人は掘り起こしてみてください。

上記にも記しましたが、プログラマーの三大美徳は一般的にネガティブワードなので、ポジティブワードに変化させてます。(単なる遊びです)

怠惰 → 気合 + 納得化
短気 → 気軽 + 最適化
傲慢 → 気楽 + 自動化

ちなみに3大美徳の対義語は、こちら。

・勤勉 ↔ 怠惰
・気長 ↔ 短気
・謙虚 ↔ 傲慢

 

プログラマー的な思考

「プログラマーという存在や性格については、なんとなく分かった。」

「じゃあ、物事を自動化・最適化して課題を解決したり、何かを創造する具体的な思考プロセスは?」

というのが気になるところです。

プログラマー的な思考(プログラミング的思考)は、プログラミング教育とプログラミング的思考について、ちょっと考えてみた。において、下記のように定義しました。

論理的かつ現実的に課題(目標や物事)をゴールから逆算し、細かく分解、分解した小さな課題を適切な手順で処理しつつ、仮説検証を繰り返し、最終的に大きな課題を解決するために必要な思考

また、処理と仮説検証部分の詳細な思考プロセスは、「プログラムはこうして作られる」を参考にしています。

そのプロセスは、

・仮説を立て、少し動かす
・理想と現実がどう違うかを把握する
・このような現実になっているのはなぜかを考える
・理想と現実を一致させるために必要なものは何かを考える
・再度仮説を立て、動かす

です。

このプロセスを実行することにより、課題解決や創造というプログラミングの本質を具現化できるんだと思います。

 

プログラマーは、今後最も熱い職種の一つ

「人間の仕事がAIによって機械に奪われていく。」と言われ始めて久しいですが、AIを作るのはプログラマーなので、その辺の調整はできるのではないかと思ったりもしています。

むしろ、やらなくてもいいことや危険なことを機械にやってもらう方が人生ミナハッピーだと思うので、興味がある人は早いとこプログラミングを始めた方がいいかも。

今や男子中高生がなりたい職業で第1位はITエンジニア・プログラマーですから。

jhss-want-proの画像
出典:中高生が思い描く将来についての意識調査2017

もし20代〜30代前半でプログラマーを目指している人がここまで読んでくださっていたら、

「今からプログラミング始めてプログラマー目指しても、AIじゃなくて年下に仕事取られちゃうんじゃないの?」

ってことも気になるかと思います。

確かにタイミングは大切。ただそれは、2030年頃に20代〜30代前半の人ならのことだと感じます。2018年で20代〜30代前半の人なら、むしろ最高な職種だと思ったりもします。合う人には。

今後益々ITが様々な分野に変化をもたらすのは明白なので、もし中高生が大人になってプログラマーとして入ってきても、今の変化を現場で体験しておけば、協働・共創できると考えています。

 

プログラマーは、純粋にイケてる。

以前一般的にあった「プログラマーは根暗、オタク」といったイメージが最近だいぶ変わってきているんではないでしょうか。

こないだたまたま見た、とあるソフトウェアエンジニアの一日(YouTubeの動画)でも見て、テンション上げていきましょう!

 

よく読まれている記事

Programmingの画像 1

プログラミング学習を始めた頃、”プログラマー”という職種があることは知っていましたが、 ・どんな仕事 ...

制作サイトのトップページ画像 2

プログラミングスクール選び、悩みますよね? ここ数年でスクールがどんどん増えてきて、プログラミング初 ...

Futureの画像 3

「ITエンジニアになりたいな〜」という気持ちが少し出てきたとき、「でも、IT業界の将来性って実際どう ...

Why Could?の画像 4

20代後半、業界未経験、プログラミングほぼやったことない・・・ 今は、そんな人でもITエンジニアにな ...

TOP5の画像 5

「20代後半の業界未経験者を転職エージェントって相手にしてくれるのかな〜」と思っていた私ですが、ビビ ...

-IT業界・職種

Copyright© TUGIとHAGI , 2018 All Rights Reserved.